税と暮らし

暮らしに関わる税を書くはずが…気になるコト、イロイロ書いていますw

東京都にある秘境 日原鍾乳洞で見た石筍は想像とは違ってました



おススメの記事・カテゴリー




スポンサーリンク


f:id:tax-life:20170924160609j:plain

JR青梅線の奥多摩駅からバスで約35分
東京とは思えないような自然豊かな中にある日原鍾乳洞に行ってきました

奥多摩駅からバスで日原鍾乳洞で下車して山道?を歩くこと約5分の所にあります

f:id:tax-life:20170924153233j:plain
f:id:tax-life:20170924153236j:plain

入口の脇には滝がありました
(名前は全然わかりませんが、、、、)

f:id:tax-life:20170924154433j:plain


日原鍾乳洞にある滝

年間通して平均気温が11℃との事なので外は真夏のような暑さでも坑内に一歩足を踏み入れると
かなり寒くなり、気温差でメガネ等は一気に曇ります

昨年行った、大谷石資料館みたいな感じで夏のクールスポットですね☆

www.tax-life.com

f:id:tax-life:20170924160214j:plain

坑内は上下左右にかなり入り組んでいて全部で40分程の行程となります

また坑内は暗くかなり地面が濡れて滑りやすくなっていますが、場所によってはかなり神秘的に見えます♪

f:id:tax-life:20170924160609j:plain

写真だと分かり辛いですが、天井知らずは天井が見えず、真っ暗な空間が頭上に広がっています

f:id:tax-life:20170924161845j:plain
f:id:tax-life:20170924161859j:plain

天井知れずを過ぎると下に下りる急な階段(地獄谷)があり、三途の川を渡ると、、、

f:id:tax-life:20170924162619j:plain
f:id:tax-life:20170924162622j:plain

f:id:tax-life:20170924163217j:plain

ライトアップが綺麗ですが、「死出の山」と言う所になります
ココを昇ると「さいの河原」「縁結び観音」があります
(折角の観音様がピンボケですが、、、)

f:id:tax-life:20170924163503j:plain
f:id:tax-life:20170924163506j:plain

さて、ココまで全く石筍が出てきませんが、奥まで行かず、先程の天井知らずの手前に
「新洞入口」と言うところがあります
ココを進むと奥に石筍が見られますが、これを進むにはかなりの覚悟が必要です(笑)
何故なら、狭くて急過ぎる階段を昇って行かないといけないので、、

f:id:tax-life:20170924164354j:plain

この急な階段を昇って行くと、ようやく石筍を見る事が出来ます
って、、、、

f:id:tax-life:20170924165030j:plain

うん!?

これ(↓)、、、、だよね?

f:id:tax-life:20170924165059j:plain

石筍ってもっと白くてこの石筍の上からは水滴がポタッ、、ポタッ、、ってなってるものだと思ってました

f:id:tax-life:20170924165405j:plain

天井も水が滴る所は無く、、、想像と違ってビックリ!!
(そもそも、これが鍾乳洞の本来の姿なのかもしれませんが、、、)

 


そうそう、三途の川を渡る手前には水琴窟があり、心を和ませてくれます
是非、耳を澄まして聞いてみて下さい(^ ^)/ 


水琴窟

 

都内からも電車とバスを乗り継ぐと3時間近くかかりまずが、
地球の歴史が造った自然の創造物を是非、見に行っては如何ですか?
夏にはクールスポットとして最適ですよ!!(笑)

なお、奥多摩駅からバスで行く場合、休日は東日原と言うバス停がバスの終点となり、
日原鍾乳洞で山道を約25分歩く必要があります
のでお気をつけ下さい!!