税と暮らし

暮らしに関わる税を書くはずが…気になるコト、イロイロ書いていますw

2つの富士山が見える富士芝桜まつり

f:id:tax-life:20170418213913j:plain

都内では桜が散り始めてきましたが、そろそろ(もう?)芝桜の季節になってきました
先週末から始まった富士芝桜まつりについてご紹介します
写真はあまり上手くありませんが、雰囲気だけでもわかってもらえればと思います!
去年の写真ですけど…(笑)

富士芝桜まつりとは

富士山麓の広大な敷地に首都圏最大級の約80万株もの芝桜が咲き誇り、
そびえ立つ富士山と一緒に見る事ができます

www.shibazakura.jp

 

開催概要

開催期間:平成29年4月15日(土)~5月28日(日)
営業時間:8:00~17:00
入園料:大人(中学生以上) 600円 / 子供(3歳以上) 250円

高速バスや宿泊プランと入園券がセットになったお得なプランがあります

 

会場マップと会場で見る芝桜

 

f:id:tax-life:20170418221747j:plain

河口湖駅からバスで会場に向かうと第二入園口からの入園となりますが、
入園後すぐに竜神池がありその池の周りに広がる芝桜と富士山を見る事ができます♪

f:id:tax-life:20170418213913j:plain

この(↑)写真は満開の芝桜のように見えますが…
ちょっと角度を変えると

f:id:tax-life:20170418223132j:plain

まだまだのエリアもありました

また会場内には芝桜で造られた富士山そっくりなミニ芝桜富士があります

f:id:tax-life:20170418223839j:plain

このミニ芝桜富士は高さ2mだそうです
芝桜にはピンク以外にも淡い紫色や白などの色があるそうですが、
ミニ芝桜富士の頂上付近は白い芝桜で冠雪を現しているみたいですね←ちょっと見頃前ですがw

f:id:tax-life:20170418224235j:plain

本物の富士山と一緒に撮るとこんな(↑)感じ(^_^)
富士山とかぶせすぎた―(>_<)

会場内には会場全体が見渡せる展望台があるのでこちらは必須の場所です!!

f:id:tax-life:20170418224651j:plain

が、展望台で見る人数は安全の為に制限されているのでタイミングが悪いとかなり待ちます

f:id:tax-life:20170418225501j:plain

こんな感じで展望谷上るのに長蛇の列です

ちなみにこの行列を上から見ると…

f:id:tax-life:20170418230139j:plain

展望台での滞在時間は決められてなく、恐らく展望台に入れる人数の上限があって、
展望台を下りたらその人数分登れる…と言った具合に展望台の下の階段の所で
係員が人数調整をしていたのでタイミングが悪いとかなりの列に巻き込まれるかもしれません

ただ、展望台からの景色は裏切りません

f:id:tax-life:20170418231140j:plain


会場内では他に芝桜をイメージした本格スイーツを楽しめる展望カフェや
芝桜を眺めながら入れる足湯(利用料100円)などがあり楽しめます☆

また、芝桜以外にも沢山の花を楽しめます☆
会場を彩る芝桜と芝桜以外の花

富士山うまいものフェスタ

会場内では富士山周辺のうまいものが出店する「富士山うまいものフェスタ」が開催されていて
富士宮やきそばや富士吉田市のうどんなどが食べる事ができます

f:id:tax-life:20170418233349j:plain

富士山の形をした大きなかまぼこ「富士山揚げかまぼこ」

f:id:tax-life:20170418233428j:plain

芝桜のイラストが入った富士芝桜まつり限定のオリジナル芝桜コロッケ

この他にも沢山の美味しそうなメニューがあります
富士山うまいものフェスタのメニュー

 

アクセス

カレンダー上は昨年の5月2日(月)に横浜からバスで河口湖駅迄行き、
そこから「富士芝桜まつり入園券+往復バス(河口湖駅⇔富士芝桜まつり会場」で行きましたが、
通常30分の距離が1時間半かかりました
帰りは運良く30分程度で会場から河口湖駅まで戻れましたが見頃の時期は
バスも車もかなりの時間がかかることを覚悟して余裕を持って行かれることをお勧めします!

アクセス・ツアー | 富士芝桜まつり


河口湖駅から会場までバスで行く場合は大人2,000円の芝桜ライナーで行くとお得です
通常、河口湖駅⇒会場までの片道が大人1,230円なので
入園券と合わせると1,060円お得になります♪


芝桜ライナー | 富士芝桜まつり